<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

虹の橋

あるサイトでこのような物を見つけたのはごく最近の事

タイトルは虹の橋・・・内容は以下のような物。

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。


そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

転用など自由と書いてあったので、転用させてもらいました


これを初めて見た時には、すごく切ない感じがしました。








今日・・・ハヤトが亡くなりました・・・・


昨日緊急入院して、そのまま治療は続けられては居ましたが

思ったよりも状態が悪く、亡くなりました。



はじめその知らせを受けたとき、覚悟をしていたので涙は出ず、淡々と会話をしていました


しかし、途中、あの子の顔を思い出し、声を思い出し、匂いを思い出した途端
涙が溢れてきました・・・

最初は泣いている事に気がつかなかったのですが、運転していてやけに視界がぶれてきて
初めて泣いている事に気がつきました。

泣いていると判った瞬間・・・抑えていた物が溢れ、いつの間にか声を上げて泣いていました



今日は仕事があったので、客の家に近づくにつれ、強い覚悟を思い出し
涙を止めました


なんとか終わらせて、次に向かう途中、また涙が溢れて止まりませんでした


さっきよりも強い声を上げて泣いていました
まるで、あの子の泣き声のようでした。


あまりにも、涙が溢れてきて運転しているのも危ない状態になり
コンビニに車を止めた瞬間、大声で泣いていました。


途中何度もあの子の最後の姿を思い出し、後悔していました



あの子は幸せだったのだろうか・・・
あの子は私と居て楽しかったのだろうか・・・
そんな事ばかり考えて泣いていました


やがて、自分では解決できなくなり、あまりの苦しさから、気がついたらメールを送っていました



メールを受け取った人は、なんとか私を励まして、元気づけようとしてくれました。
おかげで、その日の仕事をなんとか完遂する事ができました




途中、オヤジから連絡が有り、あの子の亡骸を病院の手配で火葬するか、引き取って火葬するか聞かれました。

最初は、病院手配で火葬してもらう事を決め、首輪だけ持って帰ってくれと頼みました


その後で、オカンからも連絡がありました。

内容は同じだったのですが、最後に会う事を希望しました


先生にお願いして、火葬の手続きを明日にしてもらいました


なんとか、病院の営業時間に間に合ったので、受付の人に名前を告げ対面を待っていました



しかし、待合室に毛布に包まれて華を持たされたダックスフントが目に付きました
その子は目を閉じたまま、飼い主らしきおばちゃんは目を真っ赤にして話しかけている様子



どうやら、この子も今日亡くなった様子でした




対面の準備ができたようで、名前を呼ばれたので、奥へ移動しました


病院の奥にある小さな、部屋にあの子は居ました


あの子の傍らには、さっきのダックスと同じ華が添えられて、毛布を掛けられていました

d0010715_2143732.jpg


あの子のために涙はもう流しつくしたはずなのに、この姿を見た瞬間に泣き崩れてしまいました


最初は手も当てることができずに、下にうつむいて涙をこらえていましたが

あの子の匂いが香ってきた瞬間に、人目も気にせず大声で泣いていました


二段になっていて、上には保護された他の犬がいたのですが
びっくりしたのか、最初は吼えていましたが、私を慰めるように、キューンキューンと鳴いていました

ようやく、あの子に手を添えて上げられたのは暫くしてからでした


手を添えて、「ごめんな、ごめんな」と謝っていました。
本当は「おやすみそしてありがとう」と言いたかったのに、「ごめんな、苦しかっただろう」と言いつづけていました

その後毛布をめくり、お腹のポッコリを確認したところ綺麗に元通りになっていました

元通りになったお腹を撫でて、「帰りたいか、ゆっくり眠りたいか」と言っていました


ようやく落ち着くことができて、あの子の全体像を見つめることができました。


鼻の周りには大量の血があり、最後は苦しんだ事が伺えます




さらに、落ち着く事ができ、気を使って遠くに居た先生が着ました



あの子が命を落とした直接の原因は、心臓の周り
心臓と心臓の皮の部分に血液がたまり心臓を圧迫し
そのため肺を圧迫して、死亡したとの事です

鼻の周りの血は、心臓が原因で亡くなる場合、肺に多大な影響が出るために、肺からの出血との事

腹水については、癌かフィラリアかと思っていたと話した所
以前心音を聞いた所、雑音は無かったので、フィラリアではないとの事

癌に関しては、内蔵の機能を検査した時には、肝臓や肺、心臓は丈夫だったので
検査では、見つからない場所にできていた可能性もあるとの事でした


しかし、年齢を考えるとその部位にできるようでは、ここまで長生きはしなかったと言われました

わずか、1ヶ月でジョクソウは治ったのに、他の所が悪化してしまったため
今回は残念です、と慰められた


腹水の直接の原因はわからなかったものの、それを抜いて一時は回復の兆しを見せたハヤト

しかし、腹水の圧迫により心臓や肺へのダメージで今回回復することができずに、死んでしまった


説明を聞いて、納得できたので、最後にあの子に別れを告げ帰ることにしました



あの子は明日火葬されて、処理が完了後、病院から連絡を受ける事となりました




今日4月25日に亡くなったハヤト・・・
皮肉には今日は、あの子の体力的に受ける事をやめようとした狂犬病の予防接種の日でした


14歳と言う高齢ながら、数々のケガや病気も驚異的な回復力でねじ伏せてきたハヤト


もはや、あの子の愛くるしい姿も、ハスキーなのにすごくかん高い声も、ちょっと夏にはすごい事になる匂いも、私の前から遠のいてしまいます


最初に乗せた、「虹の橋」この文をあの子が亡くなってから読み返してみました

読んでいるうちに、また、泣きそうになりました

覚悟はできていましたが、それは、頭の中で思っていただけのようでした
思い出し、姿を見て、この文を書いている時にさえ、涙が止まりません


悲しんでばかりいると、あの子が心配して安心して眠れないと思い
あの子のために流す涙はこれで最後と心に決めて自分を元気付けなくてはいけないほど


私の心は弱かったようです。



14年間本当にありがとう、そしてお疲れ様・・・もう泣かないから、心配しないでハヤト
もう、大丈夫だよ

だから今はおやすみ


また、きっと会えるから、ちゃんと待っているんだぞ



d0010715_2223183.jpg

[PR]
by hayatonzero | 2006-04-25 22:26 | 一般

命の・・・カウントダウン

今朝起きたら、少しハヤトの様子が落ち着かなかったので、シッコしたいのだろうと思ったハヤトンです

慣れないから外でしたいのだろうと思い、ベランダに出してみましたが
まったくでない様子

しかし、エサは問題なく食ったので、そのまま仕事に行きました

昼間、時間があったので家に一旦帰り
オカンにハヤトがシッコしたかどうか聞いてみると
してないとのこと

ただし、水は飲ませたとの事


昨日の夜から水は結構飲ませてるので、そうとう溜まっていると思い

思い切って庭へ出してみました


庭に着地後、二、三歩歩いただけで、じょじょじょ~っとしてくれたので一安心


天気も良いし、暖かかったので、そのまま小屋へ移動し寝せることに


しかし、前にも書いたけど、エサ食わないのに腹だけはポッコリ

心配だったので、午後から病院に連れて行ってくれとオカンに頼む


そのまま午後仕事へ







一番最後の家を終えて帰ろうとした時、突然オヤジから電話が・・・


イヤな予感を覚えつつ出てみると内容はこうだった







ハヤトがヤヴェーらしい、先生に今夜が山と言われた・・・・






・・・覚悟はすでにできてはいたが、やはり・・・来る時が来たかと思った



内容をさらに詳しく聞いてみると、腹のポッコリがやはり原因らしい


腹に水がたまり、それで肺や心臓を圧迫していて、ここ数日元気がなかったらしい


以前、抜糸の時に腹ポッコリを相談してみたが、あの時点では様子見だったが
その前・・・縫った辺りかな?そのあたりにはポッコリしてきてたので

ジョクソウ発症後にどうやら腹水が溜まり始めた様子


そのため、腹の中で膨れるドックフードを食べようとしなかったらしい


腹の水を抜いて見ると、大きいカレー皿2皿分ほど溜まっていたそうだ


しかし一気に全部抜いてしまうと、内圧が下がり、返って体調がおかしくなるらしいので

多少残しておいたとの事

しかし処置はまだ掛かるとの事で、そのまま緊急入院する事になった


その話を聞いて速攻で家に帰った俺


帰った時には、病院から連絡があり、心臓周辺の水を抜くために点滴をしているとのこと


しかし水を抜いたおかげで、四肢に力が戻り呼吸も楽になったとのこと

まだ、完全に良くはなってないが、峠は越えたらしい



かなり安心した。・゚・(ノД`)・゚・。


しかし、圧迫の影響で、肺が大分弱っているとの事

レントゲン撮影時、肺がかなり白く表示されたらしい


もし、今日連れて行かなければ手遅れになっていたことだろう

しかし・・・



オヤジの話では、オヤジが無理やり連れて行ったらしい

オカンが・・・「明日抜糸だから明日でいんじゃな~い」と言っていたと後になって聞いた



状況見ろや( ゚д゚)ヴォゲ!!

と、言いたいが病院で今夜が山田ーを聞いたときに、急にハヤトーハヤトーと言って泣いてたらしい


だから早く連れて行ってくれって言ったのに・・・('A`)




水を抜いても、弱った肺や心臓が回復するかどうかはまだわからないとの事



しかし、今まで何度もすばらしい回復力を見せたハヤトだから

今回もきっと回復すると俺は信じている

信じてはいるが、実際かなり不安


今までも、白髪染めを食って、食ったエサが消化されずエサ形のまま糞として出てきたり
エサを食わなくなるほどの風邪を3度引いたり
3ヶ月以上掛かるジョクソウを半月で縫合まで持っていったアイツだ

絶対回復すると信じたい


もし・・・ダメなら・・・
苦しませたくはないが、最後の瞬間まで生きてほしい

いつもどおりエサ食うなら、生きてほしい

楽にさせてやりたいが、人の手で強制的には死を与えたくない

生きる意志がある内は、たとえ苦しんでも精一杯生きさせてやりたい


そう願うハヤトンでした



以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-24 23:12 | 一般

見込みが・・・追加

あれからずっと調子が悪く、未だエサを食わないハヤトが心配なハヤトンです

細々と口にはするようですが、前にようにがっつり食わなくなりました

おまけに、半分寝たきりからほとんど寝たきりに・・・


いろいろな物を与えてはいるが食わず


こんなのでもだめかと思って持って行ったのは、昨日の晩飯の鶏肉


まあ、こんなに元気がないからこれも食べない・・・



あれ?



どっか落としたかな?



皿の上乗せて持ってきたのが・・・・



( ゚д゚)


食われたのか!!



まさかと思い、鶏肉煮込んだスープを少しおかんに持ってこさせる

・・・少しでいいってw

器になみなみ入れて持ってきやがった


それをドックフードの皿にぶっかけ


そのまま寄せてみる


(*´∀`*)

少し食べた。・゚・(ノД`)・゚・。



しかし本当に少しだけだったので、スポイトに蜂蜜お湯割りを入れて
無理やり口に流し込む


これもちゃんと飲む



少し判ってきたかもしれん・・・



恐らく匂いなんだな


今回エサとして与えてるのは、匂いが少ない


そのため鼻があまり利かなくなってきているこいつにとっては、エサとして認識されて無いようだ



おまけに、硬いので口にしない


少し柔らかいほうが食べやすいようだ



そいな事があって、現在宅内で介護をする事を協議中


たぶん広めのオカンの部屋に置くと思う


宅内介護用のシーツなども購入



今日帰ってきてからか、もしくは明日帰ってきてから宅内に連れ込む事になりそうだ



でも、そのまえに体とか手足綺麗にしないと


今日も起き上がれないままシッコしてたからなw




問題は、昼間誰もいなくなるからいたずらしないか心配だな


っつってもいたずらする気力も歩き回る元気も無いから大丈夫なのかな



とにかく、近々宅内介護になりそうなハヤトの話でした


―――続き―――

夜仕事を終えて、その日の入力を済ませて、明日の準備をしていると・・・・



オカンが・・・・





中入れる!!とか言い出した



仕方ないので急ピッチでスペース確保

シートを敷いて、寝床で敷いてたマットを敷いてその上にオシッコシートを敷いて乗せる


オヤジの話だと、夜エサ食ったらしい


宅内用アイテムを買いに行った時に、安かったから生エサも一緒に買っておいて
それを食わせたらしい



一緒にゴハンも混ぜて出した所、元気な時と同じように食ったとの事


何はともあれ、食ったのなら一安心


相変わらず、鼻で大きく息をしている様子


たまーに静かになるから逝ったかと思って心配になり手を打つ
するとビクっってなって顔上げるから安心


寝ようとしてるところ悪いねw



このままエサを食う様になって、また元気になってくれたら安心できるのに

いつでも様子を見れるのはいいけど、ちょっとした事ですぐ見に行ってしまいそう

まあ、そうしたいから宅内にしたんだけどねw


んじゃ以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-23 16:19 | 一般

連行

昨日病院に連れて行こうと思ったが大雨のため今日に変更したハヤトンです


相変わらずエサを食わない状態


それの原因を探るためにも、病院へ連行


前よりは車に簡単に乗ってくれるから楽だったけど
到着後は前と同じ、(υ・ω・)ハァってなってた


今回は午前中に行ったので、前に数人・・・数匹かw
順番待ち


20分くらい待ったけど、その間他の飼い主とも話しをしてた

聞いてみると、予防注射を受けたら吐き気が出て~とか
季節の変わり目に風邪気味でーとかだった


でも、歳を聞いたら6~7歳と若いもの


ハヤトの年齢を聞くとみんな驚いてたし

そりゃそうか14歳だしな

d0010715_1325215.jpg

(υ・ω・)ハァ・・・



そうしている内に順番が回ってきた

診察室まで連行・・・


ちゃんと歩けよオメーw


そのまままな板に載せる


状態がいいので、抜糸するとのこと

しかし、抜糸前に最近の状態を伝える

いろいろ調べてみたけど、風邪ではないとのこと
むしろ、老衰による食欲低下とのこと

もしくは、エサを変えたのが影響している可能性もあるとのこと

なぜなら、鼻も弱ってきているので、匂いが少ないエサだと食べないかもしれない

そんな話を聞いて傷口をみる

若干赤い所があるので、2糸残して他は抜糸できるとのこと


糸を切って抜くだけなので、今回は痛みを伴わなかったので、すぐ終わった



しかし、傷口のそばに、「マダニ」が吸着していたので
薬を塗ると言われたが、去年同じものを使ったら大量の目やにが出た事を伝えた


しかし、そのような副作用は無いはずとの事
塗った所をなめて吐き気が出たとか、皮膚に影響が出たとか
まあ、普通に考えてそんなもんだろうな

治療も終わり受付のおねーちゃん(最初に会った可愛いおねーちゃん)に今回の値段を言われる

薬代2500円・・・・・




(; ̄△ ̄)?



2500円だけ?



こんなに安いの初めてだなw



そのまま、家に連れて帰る


到着後のがぞー

d0010715_13161741.jpg


(υ・ω・)ハァ・・・

おつかれさんw



そんな感じで今回の治療は終了


次回は残りの2糸を抜くために通院


それが終われば、完了とのこと


最初に聞いたときは、かなり長くなると聞いていたけど、1ヶ月で治りそうだな



まあ、あんまり長くても俺の財布に大ダメージになるからいんだけどw


そんな感じで以上です。
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-21 13:14 | 一般

微妙な

今回はハヤトの体調不良が長め・・・かなり心配なハヤトンです


次の日の朝と夜、さらに今日の朝には問題なくエサを食ったので、大丈夫かと思ったら
今日の夜にまたエサを食わなくなってしまったハヤト・・・



今回は前回と違いまったく食わなかった


そのため、蜂蜜お湯割り+ふやかしたエサを投入


お湯割りは飲んだけど、エサは食べなかった


今さっき確認したら全部食べたみたいだったけど


どんな時でも食欲だけは絶対だった奴が、こうも食べないと心配

おまけに、すぐねっころがるし

オリから出てきてその場でねっころがる


コンクリの所でもねっころがる

最後は寝床に戻ってねっころがる



傷口を縫ってから1週間が経過したけど

こうも、体力が低下気味では抜糸の時不安

明日午前中1件で終わりなので、そのまま病院連れて行こうと思う。



そういえば、朝寝床で寝ながら悲鳴を上げてたっけ

寝ながら手足を動かして、最初に治療を受けた時のような悲鳴をあげてた



心配になったから、エサやる時体に触れてチェックしてみたけど

他の部分にジョクソウらしきものは無いし

ねっころがる時はいつもの姿勢で、寝てる


悲鳴を上げてた時も、何が原因だったのか判らず、声を掛けたが寝てた


手を叩いて音を出したら、悲鳴も止んだし・・・



治療を受けた時の夢でも見てたのだろうか

なんにせよ明日病院に連れて行けば判る?かな


でも水曜って休みだったようなw


また、金下ろしてこないと('A`)



以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-18 23:37 | 一般

いつもハラハラ

また、ハヤトの調子が悪くて心配しているハヤトンです

どうも、ジョクソウ以来心配性になってる

たしかにアレを見たら誰でもそうなると思うが


今は毎日エサをやる時に、体調とかを見ている

最近では、自分で立ってエサ食いに来るし水も飲む
排泄も起き上がってきて所定の位置でする


問題無いように見える







仕事から帰ってきて、夜エサを与えに行った


いつもならすぐ起き上がってきてエサをねだるために、エサ皿に入れにくい


しかし今日は、まったく起き上がってくる気配がない


ジョクソウ発覚前日のように、起きる意志があって起き上がれないのではなく

まったく起き上がろうとはしない

仕方なく様子を見ていると、起き上がってきた


しかし、いつもは速攻食べるエサもまったく食べない


むしろ息遣いがおかしい


ぜぇーぜぇーって息してる


夏の暑い日にサンポするとこんな息をするけど

今はケガを治すためにサンポはさせてない

そしてそんなに暑くない


暫く様子を見ていると、水を大量に飲む


エサを勧めた所少し食べたけども、半分以上残している



しかし水は飲む



このコイツが症状の時に当てはまるのが一つだけある


その事を頭の中で思い出しさらに、様子を見ることに


すると・・・水を飲んで落ち着いたのか息遣いは治った


しかし、所々・・・ずびぃずびぃって音がする


どうやら風邪を引いたらしい

最近昼間は暖かいが、夜は冷え込む

しかも現在薬を毎日飲んで、ケガの部分を毛刈しているので

体力が落ちているためか知らんが風邪のようだ


そこで、水を大量に欲するので、栄養の取れる水分を与える



蜂蜜を湯で溶かし、水を入れて温度を下げて飲みやすくしたものを与えた


これは、すぐに口にする気になったようで、全部呑んだ



そのあと、暗くて見難かったが掃除をして、寝床へ誘導



先ほど様子を見たが、寝床に敷いてある毛布の上で眠った様子



明日また様子を見るが、状態が悪いようなら、抜糸前にまた病院へ連れて行く必要がありそうだ


できれば、連れて行く前に治ってほしいが、治療中と言う事もあるし
やはり放って置く事はできんな



今日は以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-16 23:12 | 一般

引越しシーズン

4月、引越しシーズンのためか、まだ荷物開けてない~とか言う家に行く事が多いハヤトンです



まあ、それは別にいんですが、必要書類も荷物の中でどこいったか判らないとか
PC出してないとか、書類が実家に届いているとか

オメーらアフォかって思うw


忙しいのは判るが、こっちは事前連絡の際に確認してるのに、無い~とか


まあ、忙しいと思うから仕方ないんだけど
後日再訪問って事になるんだよね

1回行ってる家だから道は覚えてるけど

1回行ってるだけに、優先的にしなくてはと言うのが無意識にあるためか
他の訪問先よりも訪問時間を結構融通聞くようにしてる


でも、たまーにこの時間しか居ないとか言われる


しかし今回のは酷い


そんな時間に来るならいいって言われた

この「いい」ってのがまた微妙

解釈によっては「来い」とも取れるし「キャンセル」とも取れる
一番こまる返事だ

大抵はスケジュールの中に入れるけど、今回はさらに大サービスして
予定時間よりも1時間も早くいけると連絡したのにもかかわらず

キャンセルになった(´・ω・`)


しかも家にいるのにキャンセル

希望時間より30分遅いが予定時間よりは1時間早い


さて、みなさんならどっちがいい?w


まあ、頑固なおっさんっぽいからキャンセルって事で処理



しかし、引越しシーズンはいい

一人暮らし始める学生が多い


若くて可愛いおねーちゃんの所に最近良く行くヽ(´ー`)ノ


今日行った所はステキなアンヨのおねーちゃん(*´∀`*)


サービスしてくれたのか判らんがパンチュも見れたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ



でも、まあ今月と来月だけだろうなこんなのに当たるのw


当たる内に堪能しておこうw


以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-16 00:25 | 一般

改修

サンポなしで今回犬小屋掃除したハヤトンです


外に出る気はマンマンのようですが、ケガ部分心配なため庭に放す程度にしました

逃げないように、出入り口封鎖w


その間に掃除


寝床を直して



そして、今回屋根を少し補修しました



補修ってか改修だな


屋根が長年の風雨によりボロに

寝床スペースの上にコンパネ2~3枚置いてましたが、最近風が強いため
ずれたり、飛んでたりしました


夏は無いほうがいいけど、今回コンパネ2枚を釘で打ちつけ固定

寝床スペースが風雨に晒されないようにしました


・・・つーかこれが原因で皮膚おかしくなったような・・・



寝床には、使い古した掛け布団を敷いてたけど
早速ビリビリ

中の綿だけになってた・・・



それも綺麗に直していると・・・



ん・・・ガーゼ?



( ゚д゚)!!血


まさかと思い傷口をみると・・・



固定してたはずのガーゼが無い



速攻で家の中の薬箱を見てガーゼを確保


人の応急手当用だけど、仕方ない

そのままあてガーゼにして、包帯テープで固定


こんな感じに

d0010715_2251031.jpg



やはり動いてる内にずれてしまったらしく、固定布も結び直し



暫く庭を歩かせて運動させました



途中ブラッシングのため、座らせるとそのままゴロン


やはり元気に見えてまだ完治してないため、疲れる様子


d0010715_22533364.jpg


こんな顔してたw




それでも、病院以外で外出したから気晴らしになったと思う



が・・・封鎖している出口付近を行ったり来たり


サンポさせてやりたいのはやまやまだが、縫ったばかりだし
気になって仕方ないので、そのままオリに戻す


戻してもまだ不満みたいw
d0010715_22561225.jpg



でも、こうして改めて見ると
前より少し歳とったように見える


やっぱ死に掛けたのと、病院での恐怖体験とケガのせいで体がうまく動かないってのがあるのかな


抜糸まで済んだらまた、前のように元気になると思いたい



以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-12 22:58 | 一般

まな板の鯉・・・追加

今日は仕事が午前中に集中していたため、ハヤトを連れて病院へ行ったハヤトンです


前回は、社員旅行中に連れて行ったとのこと

今回は、薬もなくなったので連れて行ってみることに

まずは小屋から出す
(υ・ω・)サンポサンポ?



そこから車に乗せて
(υ・ω・)サンポー

車に乗せて
(υ・ω・)サン・・・ポ・・・

乗せて
(υ・ω・)・・・

乗れよw



仕方ないので持ち上げて積み込む
(υ・ω・)・・・ハァ・・・


こんな感じで何かを悟った模様w


そのまま病院へ
(υ-ω-)・・・・


車=病院ってのを覚えたんだな


終止辺りを気にしてたし


そして到着




さて、降りてもらうか

ドサッ
(υ゚д゚)ヤダ

(υ゚д゚)絶対ヤダ


そんな声が聞こえる気がしなくもないが


ここは、また持ち上げて降ろす
Σ(υ゚д゚)!!
Σ(゚д゚υ)三(υ゚д゚)


気になったのか周りの匂いを嗅ぎ出す
(υ゚д゚)ここ病院じゃねーかゴルァ

って感じになってる



そして診察


診察


しん・・・



ちゃんと歩けよオメーw
(υ´д`)・・・


仕方ないので無理やり持ち上げて診察台へ



診察室へ入るまでいやがったが
診察台に乗せた途端におとなしくなりやがった
(υ-ω-)もうすきにして・・・


診察の結果、ジョクソウ部分は大分良くなっているとのこと


このまま、縫いましょう!!
Σ(υ゚д゚)!!!


縦20cmの大きめだが、横にも7cmほどの広がりを見せているこの部分
端端の皮膚同士を縫い合わせるとのこと


麻酔をして、縫いますが効くまでに15分、処置に20分、覚醒に15分見て・・・約1時間ほどとのこと
処置ってか手術だねw


終了後に連絡をくれるとの事だったので、一時帰宅

ハヤトはそのまま病院w


って事で、今は連絡待ちの状態でこれ書いてます

―――続き―――

そして、予定の時間近くなっても、連絡がありません

退屈なので1Fリビングでゴロゴロしてました


うとうとして眠くなってきた時に電話が鳴った


処置が終わりましたのでお迎えのほうお願いします、と受付のおねーちゃん(こないだと違う人、でも可愛い)から連絡


早速向かえに行ってみる


受付のおねーちゃん(連絡くれたおねーちゃん)に名前を告げ、リードを渡す


・・・




ギャワンワンワンワン!!!


( ゚д゚)!!



・・・


ギャギャギャン!!

( ゚д゚)!!!



心配になって診察室へ



っていねー


さらに奥へ



すると先生にリードを付けてもらったが、ギャンギャンいってるハヤト発見



よっぽど先生嫌いになったのだろう
俺を見て安心した様子


そのまままな板(診察台)に乗せられる


が、着た時にような元気はない


どうやら麻酔がまだ効いているの様子


おまけに抗生剤と点滴を受けてボーっとしている


今回縫い合わせたので、抜糸は順調であれば10日後に行いたいとのこと



今回の処置はおしまい



そして、清算・・・



今回は麻酔3000円+縫合10000円+注射(点滴含む)2000円+消費税=15750円となりました




。・゚・(ノД`)・゚・。




今日お金ないから10000円下ろしてきたばっかりなのに・・・


俺も金無いので半々でオカンと出し合った




すっかり、力の抜けたハヤトを車に積み家に帰る




家に着いてすぐの様子

d0010715_18551761.jpg



少し暗いからわかりにくいかな



そのまま小屋に寝せて、水がなかったので汲みに



・・・



って!!


水飲みに来てるしw




家に着いた途端歩けるようになったのかいw





そんな一日でした
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-10 16:41 | 一般

今月

今月はまだ4回しか仕事してないハヤトンです



違っ

3回だw



来月の決算に合わせて休みを調整しています


が、1回の仕事量がものすごく多い・・・



1日5~6件とか('A`)


前半こんなに休んで後半まったくなかったりしてw



それは困る・・・
まあ自分で調整できるからなんとかなるかな



あと今日注文してたTシャツを渡すとミッチーに言われたので取りに行く

空いた時間で仕事をチェックして

PCでゲームをする




・・・こんなもんかな



そういや、もうすぐハヤトの薬なくなるかし、経過を見たいから病院連れて行くかな

前のように自力で歩いてエサ食って水飲んで、定位置で用を足してるから

問題は無いようだ


以上
[PR]
by hayatonzero | 2006-04-08 00:11 | 一般